FXとは一体何?FXと為替の基本取引の仕組み

fxtop

FXとは外国為替取引のことで、通貨の売買を通して利益を狙う投資の1種です。私達は海外旅行に行く時、自分の持っている日本円を銀行で外国のお金に両替しますが、これも外国のお金を買っている行為と言え、厳密には単なる両替ではなく外国為替取引に該当します。各国の通貨の価値は常に変動していますので、それを利用することで利益を出せる可能性があるのです。

たとえば、今現在100円が1ドルになるとしましょう。この状態で10万円を使い1,000ドルを買いました。すると翌日、ドルの価値が上がり1ドル110円になりました。昨日買った1,000ドルを売ると11万円が手に入るわけです。つまりドルの売り買いを通して1万円の利益が出る形で、こうして自分の資産を増やしていくのがFXの基本的な取引です。もちろん必ず儲けられるわけではなく、買った時よりも通貨の価値が下がれば逆に損をしてしまう可能性もあります。対象の通貨が安い時に買い、高くなったら売る、これが最大のポイントで、先を見抜く力が求められます。

投資というと多額のお金が必要なイメージがありますがFXは少ない資金でも取引できるのが特徴で、証拠金という担保のようなお金を用意すれば取引に実際にかかるお金は不要です。証拠金は取引総額の数%で、これを担保に多額の取引をできるのです。FXは将来的に必ず決済するものですから可能な仕組みで、比較的誰でも始めやすい投資です。具体的に証拠金がいくら必要になるかは取引総額や、証券会社の設定などで変わってきます。

また、FX取引は世界中のどこかで常に行われており、インターネットを通じて取引ができますので基本的に24時間いつでも好きな時に行えます。株のように証券所が閉まっている間は取引ができないといったことがなく、お仕事などで忙しい方でも自由に参加できるのも特徴です。パソコン上で好きな時に通貨の売買をして資産を増やす、それがFXなのです。